重箱の消し炭

The Untitled Charcoal's HOmepage

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記 100327





箱の歴史


第1期 ~収納箱、三国の世に立つ~ 2008/12/18
登場した箱
《鉱石採集品収納箱》
《木材採集品収納箱》
《薬草採集品収納箱》
《発掘品収納箱》

 「箱」シリーズの魁であるこの4種類から、現在の「箱」至上主義が始まった
 なぜか耐久度がついていたり、そもそも報酬品であるために一族取引ができなかったことなどで大いに世を騒がせる
 登場したばかりでこれほど世を騒がす「箱」はまさにこの三国乱世に相応しいといえよう


第2期 ~収納箱、習得数の難を救う~ 2009/04/23
登場した箱
《竹簡収納箱》
 先代と同じく褒章品として登場した「箱」は、当時の民衆が困窮していた「技能習得数」を解決するものだった
 「技能習得数」のみならず竹簡に対する多様なニーズに対応したその箱は「制覇戦勝利」の原動力となっていく
 だがなぜかスタック100までという妙な足枷もあり、「箱」一族と不便さは切っても切れぬ関係のようだ


第3期 ~収納箱、十星と共に~ 2009/05/21
登場した箱
《金属加工品小箱》
《木工加工品小箱》
《皮革加工品小箱》
《布地加工品小箱》
《宝飾加工品小箱》
《医食調合品小箱》

 収納箱の登場により、民衆の悩みは解消されていったかに思えたが、
 世間では十の星がどうのこうのと騒がれていたり、「中間材料」が収納できないといった悩みで世は覆われていた 
 そこで登場したのが十の星にまつわる凶事を解決した勇士だけが手にすることが出来るこれらの小箱
 ところがいくら解決させても手に入れられない不憫な勇士や、もらえても自分に対応した箱じゃなかったり、
 そもそもがなぜかスケールダウンして容量5であるといった具合で、世が混迷を脱するにはまだ早いようであった


第4期 ~収納箱、義兄弟の契りに乾杯~ 2009/06/25
登場した箱
《鉱石採集品小箱》
《木材採集品小箱》
《薬草採集品小箱》
《発掘品小箱》

 当時世の中は劉備・関羽・張飛の義兄弟にあこがれて契りを結ぶ者が続出、
 「古きをたずね新しきを知る」ともいえるこの時流に呼応して新たな「箱」が誕生した
 第1期、箱の始祖たる面々と名を同じくするこれらの小箱が世に放たれていったのである
 ちなみに民衆はなぜか義兄弟に食料や装備品を奪われたあげく始祖のスケールダウン版をつかまされていった
 なおこの小箱たちは使い勝手がよいようでこの後も様々な場面で登場することになる


第5期 ~収納箱、夜の華を咲かす~ 2009/07/30
登場した箱
《花火収納箱》
 民衆が困窮したときに現れる救世主(メシア)たる収納箱だが、利欲にまみれた「困窮」以外を救うこともある
 夏の世を彩る「花火」を収納するこの箱は、血腥い乱世に雅な涼をもたらした
 しかし血気盛んであり風流を解さない民衆にとってこの箱の登場はそれほどセンセーショナルではなかった


第6期 ~収納箱、激闘の夏を彩る~ 2009/08/06
登場した箱
《竹簡収納小箱》
 「箱」は基本的に褒章品であるために、合戦での勝者のみに与えられる栄光と呼べるものであった
 しかし勝敗は兵家の常、できるかぎり多くのつわものに機会を与えたいと思った「箱」は闘技仕合に目をつけた
 そこで登場したのがこの「箱」であり、勝ち負けに関わらず闘技仕合を愉しむことで獲得出来る間口の広さが特徴
 だが「闘技仕合」こそが魑魅魍魎の跳梁跋扈する伏魔殿(パンデモニウム)であることはあまり知られていない


第7期 ~収納箱、冬の激闘も彩る~ 2009/12/17
登場した箱
《加工品小箱》シリーズ(再登場)
 夏、パンデモニウムに集った狂乱の群衆に再び機会が訪れ、かつて「勇」だけでは届かなかった「箱」が再臨した
 パンデモニウムで戦い抜き「勇」をふるうことで、自らが望む通りの「箱」を手にすることができたのである
 やはりそう易々と手に入るものではなくパンデモニウムから怨嗟の声が耐えることは無かった

第8期 ~収納箱、終わらない戦い~ 2010/03/25
登場した箱
《薬収納小箱》
《霊符収納小箱》
《食料収納小箱》
《収穫品収納箱》
《強化薬収納箱》

 「戦あるところ収納箱あり」とさえささやかれるほどになった収納箱
 今度の出番は「部曲決戦」と長らく戦ってきたベテランが手にする「長期継続報酬」
 馴染み深い薬などの消耗品から収穫物、果ては仙輝水なども収容できるようになった
 箱が全てのカテゴリを網羅する日もそう遠くは無いのかもしれない
 むしろそのうち箱を入れる箱が必要になる日が来るのではないだろうか


スポンサーサイト

66 連続依頼:呉(仮)

例によって例のごとく仮は外れず
ネタバレ配慮版 続きを読む

31 連続依頼(仮)

仮はタブン外れない


ネタバレしたくない人のために以下追記へ 続きを読む

30 さ祭と

てさて。
いよいよ明日でございますが。
遠足の前日の気分とはよく言ったもので、楽しみすぎて今凄く眠いです。


の喧嘩みたいなもんで、あぷでーとにメンテはつきもの。
果たして。


りあえずは、連続依頼。
ある程度ソロで進められる形だと、いいのですけれども。
経験おいしかったりすると、なおのこと。
期待するなら、タダですからね。


ていうか、合戦スケジュールとか、花火とかはどうなってるんでしょうか。
[裏・石林]は「謎の粉末」のドロップ率が5倍になります!までは読めた。
そんなのよりも合戦だよ合戦。
春ごろを参照するに、「公開しない」じゃなくて「そもそも予定がない」のではないかという説も。
いやですね。7/31、8/1、8/2は確定といえ、ぶっつけか。


ういや「春嵐」の頃よりはるかに変化してるような気がしますね。言っちゃだめですね。


29 新長中

情報考察と妄想。
このページ。見出しがやべえ。

期継続報酬サービス一時停止のお知らせ

身は単なる継続サービスのメンテで1時間半ほど利用不可になる、
ってだけなんですけど。
見出し見りゃ誰しも( ゚Д゚)ハァ?ってなりますよね。
特に浮気がまったく出来ない身としては。ええ。そりゃもう。
レアNPCのこともありましたから。ええ。


28 新蒼キ

情報妄想と考察。
三国制覇第3節は序盤戦も終わり、色々と情報も溜まってまいりました。
いやあ合戦あると更新ラクでいいね


天航路4gamer
特典アイテムが『無双online』と逆じゃなくてよかったと心から思います。
っていうか「剛撃」効果かよ。渇望盾はじまったな。
まあ特典武器の宿命、装備可能レベルは1でしょうけれどもね。ならばよし。よくない。
あとは五彩棒の依頼があるということも、時々でいいから思い出してください。


ャンペーン4gamer
年に1度の「簡素」自動技能ばらまきキャンペーン。
さらにレベル50にすれば「敬遠」「謎」自動を含むくじびき。
おそらくは、「桃園結義」の箱流用。となると、「黄の霊珠」「滋養獣肉」「気防御強化薬」など、
「敬遠」や「復興力」を上回るラインナップ。
しかも、3枠を8月20日まで占有される。この結果、肉をひこうものなら、ねえ。
復帰者に5日の無料期間を付与、とはいえ、
合戦スケジュールの公開もなしに戻ろうとする人がいるだろうか。
いたとして、定着するとは思えない。
ということで、早いところ詳細なスケジュール公開をおねがいします。


19 戦国雑

さ語り。~三国制覇第三節「伝国の玉璽」序盤戦:7月合戦週間~
魏対蜀:第7戦。
泰山サーバ(淮河の戦い)においては、3戦3勝で魏の勝利。
廬山サーバ(西塞山の戦い)においては、魏の勝利。
黄河サーバ(淮河の戦い)においては、蜀の勝利。

力動向と国勢変動。

国力推移
廬山:魏 5000→5100
廬山:蜀 4800→4700
黄河:魏 4400→4300
黄河:蜀 4000→4100
泰山:魏 4600→4700
泰山:蜀 4800→4700


国力ランキング(暫定)
1位→廬山:魏 5100 (10勝3敗) 残5戦中1、2勝で《正装》、5勝で《礼服》
2位→黄河:呉 4800 (8勝4敗) 残6戦中4、5勝で《正装》
3位↑泰山:魏 4700 (8勝5敗) 残5戦中5勝で《正装》
3位↓泰山:蜀 4700 (8勝5敗) 残5戦中5勝で《正装》
3位↓廬山:蜀 4700 (8勝5敗) 残5戦中5勝で《正装》
6位→黄河:魏 4300 (6勝7敗)
7位→黄河:蜀 4100 (5勝8敗)
8位→泰山:呉 3800 (3勝9敗)
9位→廬山:呉 3400 (1勝11敗)

ワールド合計ランキング(暫定)
1位→ 魏 14100 (24勝15敗)
2位→ 蜀 13500 (21勝18敗)
3位→ 呉 12000 (12勝24敗)

・廬山:魏、《正装》(5200)取得に迫る。
・泰山:魏、《頭巾》(4800)取得に迫る。
・泰山:蜀、廬山:蜀、《頭巾》(4800)取得権を失う。


感。
どうということもなく。
日頃のご愛顧、ただただ感謝。



▼三辞苑
 「三國志online」でしばしば使われる用語を適当に自己流の解釈で紹介!
▼きょうの武将
 独断と偏見で選ばれた1人の三國志武将を適当かつ勝手な解釈で紹介!

続きを読む

18 新あよ

情報…というほどのものでもないですが。
台湾とかでもサービス開始らしいです。公式4gamer
現在オープンβテスト中だとか。


ちらの公式サイトを見る限り、インタフェースは日本の現行仕様で、
レベルキャップが40、官位も六品官(虎戦車建造可能)まで、
そして涼州以外のフィールドが公開されているようです。氷雪峰はどうなんだろうか。
というか公式サイトがえらいしっかりしたつくり。いくら先行稼動してる国があるといえ。
キャンペーンなども豊富で、部曲勧誘会(これは日本とおなじ)やら、
一定の期間までにレベルをあげれば特典(竹簡や、なんと《紫絹の旅装》も)があるなど、
力の入れ具合は見習って欲しいというかどっちがβテストなのかわからないというか。


うつべなどでは合戦動画もうpされているようで、
すでに現行の連合突撃合戦の様相を呈しているとか。
いわゆる「ライン戦」にはならないのでしょうか。
ゲーム寿命縮めちゃあいねえか…
合戦スケジュールは同時開催でなく、重複のある時間差開催のようです。


直な感想。
もっと日本でも力入れてください。



▼三辞苑
 「三國志online」でしばしば使われる用語を適当に自己流の解釈で紹介!
▼きょうの武将
 独断と偏見で選ばれた1人の三國志武将を適当かつ勝手な解釈で紹介!

続きを読む

17 パあ家

ッチときあかし。一行。
節子それパッチや無い、サーバーアップデートやないか。

と、ネカフェフィギュアが【諸葛亮】になったそうです。
21ヶ月完結だからあと15ヶ月ですね。
デアゴスティーニもびっくりだ!
初回バインダーとかはない!フィギュアをバインダーにしまうんじゃない!
ってか家具収容数とか部曲名声とか部曲砦配置NPCとかどうなってんすか。


具のハナシ。とってつけた感半端なし。
このとき(早い話が6月アップデート)家具が追加されたとひっそり書いてあるのですが、
長安の家具商人はおろか部曲砦商人が売りに出してない。
高級商人(忘れた人のために:石獅子を売ってる人です)が
このパッチ以来来てないことも気になるといえば気になるのですが、
先日「飾り盾・壱」を長安露店で発見しました。
さらにどうやらこれは軍略で出た、そして軍略以外でも出るのでは?というハナシも聞きました。


こで活躍するのは推理力という名の妄想力という名の都合いい強引な解釈!
軍略で倒す敵は? 【歩兵】である。
【歩兵】の持っている武器は? 【片手具】すなわち【盾】である。
軍略で出たっていう話の家具は? 「飾り盾・壱」である。

は全てとけた!じっちゃんになりかけて!


まり歩兵だから盾をドロップしたのであって、
弓兵とか扇兵とか剣兵とかがいればそいつを倒せばその家具が!
後ろ2名はいないけど、要するに妖術具と双手具持ってる人型倒せば出るのではないか!
え?「飾り鎧・壱」?金属防具着てる奴倒せばいいんじゃね?



写真あるんだけどさ。
長々書いてみたけどグラフィックが気になる人はこちらをどうぞ。
全部載ってるわけじゃないですけどね。


して軍略の歩兵が持ってる盾と違う気がするってのがまた、ね。



▼三辞苑
 「三國志online」でしばしば使われる用語を適当に自己流の解釈で紹介!
▼きょうの武将
 独断と偏見で選ばれた1人の三國志武将を適当かつ勝手な解釈で紹介!

続きを読む

16 気気気

16個入れても大丈夫

づけば倉庫が開きました。最大数拡張は来年の一月予定です。
二つの意味であけましておめでとうですよ。そいつはめでてえな。
それまでどんなに「みりょくてき」な品物が追加されても一切の浮気はできません。
つらい。


づけば7月。
気づけば週末には合戦。
そういやそんなのもあったね。


づけばネタがない。
無理矢理である。



理矢理にもネタを入れるための新連載。
▼三辞苑
 「三國志online」でしばしば使われる用語を適当に自己流の解釈で紹介!
 第1回となる今回は「魏」名物にして大流行したアレ
▼きょうの武将
 独断と偏見で選ばれた1人の三國志武将を適当かつ勝手な解釈で紹介!
 栄えある第一の武将はお世話になった「魏」民は数知れずのカレ

続きを読む

15 新目袁

情報妄想と考察。
4gamer以外の情報サイトに掲載された文章より。
今回の出展はファミ通

新しい情報は無いようにも見えますが……以下引用。

登場する敵勢力は、曹操の幼なじみにして最大のライバルである袁紹(えんしょう)が率いる袁紹軍、自ら皇帝を僭称した袁術(えんじゅつ)が率いる袁術軍、武勇に秀でた南蛮の王、孟獲(もうかく)が率いる南蛮軍の3軍。それぞれ“豫州”、“揚州”、“益州”に登場する。新たな勢力の登場とともに、多くの武将も登場。『三国志』を語るのに欠かせない顔良(がんりょう)や愈渉(ゆしょう)、木鹿大王(もくろくだいおう)といった武将が現れる。

術軍の武将がついに判明!
兪渉!

( ´゚д゚`)?



武将ひとくちメモ 【兪渉】 ゆしょう
【袁術】軍配下。猛将と誉れ高かったようだが、【董卓】(とうたく)軍との戦闘において、
[水関](しすいかん)を守る【華雄】(かゆう)との一騎打ちにあえなく敗れた。


とくちすぎる。いやだってそれしかないし。ほんとに。
三人並べると【袁術】だけ人材不足なのは明白とはいえ、
まさか第一報の武将が【兪渉】だとはおもいませんでした。
【袁紹】【袁術】【孟獲】なら全然並べられるけどさ、
【顔良】【兪渉】【木鹿大王】って並べられるとは思ってなかったさ。そこは【紀霊】(きれい)だろ。

しろ、【兪渉】が出るなら相当いろんなとこから武将が出くるんじゃないかという。
そのくらい言えるほどマニアックでレアでミディアムな武将です。

いうことで、今回の「連続依頼」、登場武将の人選については、
三國志バカ的にかなり期待は持てるとおもいます。期待しておきます。


14 新袁新

情報妄想と考察。公式4gamer
「三州燃ゆ」の続報。
三つのキーワード中唯一「後日公開」がついてただけあって続報も早いです。
むしろ他の二つに未だつかないんですけど。ぶっつけ本番ですか。


家。南蛮。ついに名族たちが姿を現した。
もうこの際歴史的なことにはつっこまないぞ。
[涼州]を見るんだ!【董卓】(とうたく)を見るんだ!
結局あいつらどこを動乱させたんだろうな。
[荊州]も[司隷]も実装当初から割と荒れてたもんな。
ってかそのハナシじゃないんだ。それはいいんだ。


たなる軍勢ということで、【董卓】軍よろしくNPC勢力のようです。
写真を見るに、合戦には絡んできそうも無いですね。
フィールドに普通にいる感じなので、軍略でもなさそうです。
フィールドを舞台にした軍略が追加されるのかもしれませんが、
「連続依頼」を見るにフィールドで戦うんでしょう。[長平林]って言ってますし。


して写真を見てさらに気づくのはNPCの装備。南蛮すげえ。いい感じだと思います。
南蛮を除いたNPCの装備は、ちゃんと金属革布に区分されているようです。

金属装備(黄):【顔良】【淳于瓊軍槍兵】
金属装備(紫):【袁術軍槍兵】
革装備(黄):【袁譚軍剣兵】
布装備(紫):【袁術軍術兵】【袁術軍道士】


袁紹】軍は黄色、【袁術】軍は紫がイメージカラーでしょうか。そして気になるのはNPC名。
【袁譚軍】【淳于瓊軍】…オラなんかワクワクしてきたぞ!
公式の記述の中には他にも【袁煕】【袁尚】【木鹿大王】【兀突骨】【朶思大王】を確認できます。
あれ?【袁術】軍の武将は…?


うしてみるとわかるように、【袁紹】【袁術】【孟獲】と並べてみると、
【袁術】だとどうしても武将の人材が一歩劣るような気がします。
しかも配下の【陳蘭】(ちんらん)とか【雷薄】(らいはく)なんか[荊州]にもういるからな!
レベル10ぐらいだぞ!
【袁術】の息子は呉の客将(【袁燿】(えんよう))だ!レベル30だぞ!
…まあそれでも出してきちゃうんでしょうけどね。


じく史実の観点で見ると、すでにゲーム中に登場している新勢力の武将としては、
【張郃】(ちょうこう)【陳琳】(ちんりん)【沮授】(そじゅ)… (以上【袁紹】軍)
【楊鋒】(ようほう)(南蛮軍)
がいます。以外と少なかった。ちなみに【沮授】は[豫州]にがあります。しんどる。


れにしても長く書いたもんだ。史実的な更新があるとここまで書けるのかと。
三國志バカの本領でございます。
今までいかに史実ガン無視の更新であったことか。
いやまあこれだってかなり史実ガン無視だけどさ。
こまけえことはいいんだよ!


能枠拡張だとか、順次実装だとかは今更とやかく言うことでもないでしょう。書き疲れたし。
技能枠拡張なんて無理やり旧仕様活性化にこじつけるから評判悪くなりそうなものを…


13 あお結

オモテの顔は酒屋

んたどこで武器そろえてるのさ…
ここの酒屋の正体はいかに。


/同意

っしゃるとおりです。
「イベント戦ってもどこもイベント要素ねーじゃねーか!」
って言われたからでしょうか。
「イベント要素をつけないイベント戦は開催しないようにしました」
こんなことになったのは。数が減ったら意味ねーじゃねーか!
…こんなこと言うと昨年のゴールデンウィーク連戦の悪夢が…とおもいましたが、
考えてみれば現仕様も毎月初旬はこんなもんでした。むしろ悪化してる気すら。



局イベントも初日の熱意はどこへやら。
「一日で終わるイベントばっかじゃねーか!」
って言われたからでしょうか。
同じことを繰り返すイベントは長くしなくていいです。
といってもネットゲームなんてのは、
突き詰めれば同じことをすべからく繰り返すことになるわけで。
むずかしいですね。バランスって。


12 新盛三

情報妄想と考察。公式4gamer

夏激闘史。○○史シリーズ。
ちなみに前回の○○史シリーズは「水郷決戦史」でした。
そのくらい規模の規模になるんでしょうか、と思いきや、三つのキーワードがあるそうです。


三州燃ゆ!
 ――三国を脅かす新たな敵の予兆…「連続依頼」実装!


連続依頼。他のMMOよろしく、クエストが連続して続いていく感じなんでしょうか。
「新たな敵勢力」ってのはこの連続依頼以外にも絡む?
まさか所属は出来ないでしょうが……あれ、ところで【董卓】(とうたく)ってどうなったの?


幽怪の秘境
 ――結界に包まれたハイレベル向けダンジョン出現!


新ダンジョン。どこを探しても「プライベート」の表記はないですが…
難易度に相応しい高性能な報酬アイテム…はいつもの触れ込みどおり。


戦慄の破壊力
 ――「伝国の玉璽」中盤戦突入 “最恐兵器”合戦、始まる……


予告どおりの中盤戦新ルール適用。8月かららしいです。インターバルなさげ?
いやこのスケジュールでインターバルなんで最初の週間丸々合戦なしです、
って言われても困りますけれども。
なんでもこのルール、「最恐兵器」ってことで兵器がクローズアップされるとか。
「攻撃力に優れた」新兵器も実装されるようです。改良型虎戦車ですね。


の他、

・ゲーム内コミュニティを強化する新要素の追加
・初心者上級者問わずゲームプレイが便利になる新機能

があるそうですよ。さすが大型ってつくだけはあるね!
こういうときに曲目とか追加すべきだと思うんですよね!
曲とか目玉の一つにされても困るのは大型でも月例でも一緒ですけどね!


10 パ・く

ッチときあかし。


2009年6月18日に追加いたしました特定のフィールドに低確率で登場する敵NPCについて、
 出現を一時停止しました。



ぁwせdrftgyふじこlp;@:「」







理由
オーケーオーケー、調整だ。確率が低すぎたってことかな。熊はたまたまだったんだろ。
発見されやすい日曜っていう時間帯に沸いてたとしてもたまたまだったんだろうな。
一時的に低確率が高確率にでもなったんだろうな。「なった」じゃなくて「しちゃった」のかもしれんがな。


もや獲得経験値とかのすぐできる調整じゃないわけだろう、わざわざ沸かせなくしたわけだから。
「低確率」なんだからいくらでも沸かせなくすることはできるわけだし。
先週そうしていた(かもしれない)ように。1種しか確認されてないしな。


つでも弄れるような「低確率」でも「経験値」でもない、ときたら。
さてさて何を調整するんだろうな。「いた」というPCに残る記憶の調整かな。


後に、願わくば「投石軍略」の再来とならないことを。


09 パ色ま

ッチときあかし。
相変わらずレア敵探し。


々と情報不足でありますわね。
それゆえにいろいろな考察ができてしまうわけで。ってことで…

「特定のフィールドに低確率で登場する敵NPCを追加しました。」

唯一発見された「覇極熊」についての観点を交えて、公式発表に立ち戻ってみました。


ず引っかかるポイント。「低確率」。
「覇極熊」はどうにもゲーム内夜ごとに確定ポップである、とのハナシが。
沸き待ちが通用する、ということですので。
それ「低確率」って言わないよね…?
必ず夜になればポップするわけでは無い、ならばいいんですが…
「低確率」の割に発見されて以降は固定ポップ待ちが通用しているフシギ。


して、日曜日(21日)の昼前(11時ごろ?)まで一切の発見報告が上がらなかった事実。
「覇極熊」は[三熊林]の馬屋から近いところに登場するわけですが、
馬屋で移動した直後に見える位置では無いにせよ、
いっぱい探した人がいた以上(あれだけでかい図体だし)見落とすとも思えません。

ゲームで夜を迎えるたびランダムで「低確率」のポップ抽選が行われ、
一度ポップすればそれ以降は毎晩登場する


ということになるんでしょうか。


うなってくると、[荊州]以外のフィールドにおいても、
時限(あるいは代替)で「低確率」の判定を待つNPCがいるってことでしょうか。
あくまでも「特定の」であり、そして「数」に一切の言及がないことから、
「覇極熊」だけなのかもしれませんが。


穿った見方をすれば、「低確率」すぎてPCが確認できるレベルでは無い、というのもあります。
ごくごくごくわずかな確率に設定をされてしまっていれば、発見は困難どころのさわぎではなく、
それも突き抜けて「登場しない不具合」だったりする可能性すら…
――いやむしろそっちの可能性のほうが高確率に思えてしまうフシもあり――


08 イ人さ

ベント報告。個人的にはまさかまさかの好評。
いや体力+1000がこれほどまで面白いとは。
死ぬときはあっさり死ぬとはいえ、それは元からのハナシで。
罵倒最高でしたはい。勝ち馬に乗りました。

数差問題とか難しいところはあるでしょうが、
ここは合戦仕様の調整に一発期待したいところ。
ぶっちゃけ調整とかしなくていいからイベント戦だけ体力+1000でもいいです、はい。
余計なことはしてくれないほうがいいかもしれません。
とはいえ今回だけはネガティブを捨てて純粋に期待してみるのも一驚、いや一興ですかね。

てここから粗探し。
本日のテーマ。「人はどこまで体力を増やせるのか」
・総合Lv50(「体力」「生気」実装)
 1807
・氷晶単剣
 +156
・49金属防具:体力最高補正(≪真武≫シリーズ)
 +183 × 4 = 732
・49盾:体力最高補正
 +150
・50帯:体力最高補正
 +33
・体力の木霊玉・弐:最高補正
 +25(仮定) ×4 = 100
・体力の土霊玉・弐:最高補正
 +25(仮定)
・護印の金霊玉・弐:体力最高補正
 +25(仮定)
・闘技試合黒外套
 +100
・練丹技能「体力上昇・伍」
 +180
・アイテム「体力気力増加・四」(羊肉饅頭/体力気力増加薬)
 +300
・防具強化アイテム「体力膏・弐」
 +200くらい


 3808くらい

マケ
・仮想大合戦配布の胴装備を使用した場合の差分
 1171-(183+25)=963
 3808くらい+963=4771くらい

状超がんばれば4771くらいまでいける(いけた)ようです。
5000に届けば氷雪峰第3層のツララも怖くないね!4771くらいは合戦場限定のハナシだけどね!
「体力上昇」と「体力気力増加」と「体力増加」でバフ枠3つ使用、
うち一つは能動的に発動不可(そして20回限定)。
敷居は高いというかもはや見えなくなってるレベルではあります。


07 熊(仮)

覇極熊

「轟焔掌」という2828の固定ダメージを与える技能を使用
詠唱速度はかなり早い
動作は「突進」に酷似しており相当離れた相手にも使える

以下未確認 真偽は各自で判断してね!
「剛撃」をはじめ「釘付け」なども効果があるらしく各種行動阻害技能は効果がある
「轟焔掌」は「矛落とし」では防げないらしく妖術扱いか
倒すとうまいらしい
2時間ポップらしい

06 パ最う

ッチときあかし。引き続きレア探しの日々。
装備をひっちゃかめっちゃかにされまさしく身も心もズタボロになり
仕方なくいつものホームグラウンド[豫州]で探し回った結果得られた戦利品。

mobのようなそうでないような

近では珍しいような気がする。しかもインス1。堂々としてらっしゃる。
[嵩山]の奥に寺院と奇妙な建造物がいっぱいあった、っていうのがまじめな発見。
というかあまりにフィールド使わなすぎて探し回るたびにここで「発見だ!」
ってなってるような気もしますけれどもね。
採集がポイントあるから普通に実装時からあるんでしょうしね。


ーん。手詰まりである。ということで気分を変えて本日の探索結果。
気分を変えても探索場所は変わらない。[豫州]。の戦果。

二つの意味であかん

箱を開ける必要はありません
( ´゚д゚`)


ぶんなんかのクエストの名残、あるいはひろげたままな風呂敷の一片。
で、[豫州]も無いとなれば[益州]なんでしょうけど、SSが残ってなかったので、
そういうことだったと思ってください。ということは、最後は[揚州]。の戦果。

RGB-R

いじゃねえか開けたって。
さて、こうなると[益州]のどっかにもあるんでしょうけど…


箱を探す必要はありません

05 パ・本

ッチときあかし。
それにしても久々である。ごぶさたしてました。
久々なのにはわけがある。本日ときあかすのはこちら
の中にあるこちら。

特定のフィールドに低確率で登場する敵NPCを追加しました。

来告知されてた6月アップデート内容は(大型ってついてないし)
曲譜と作物の追加という別に無くても構わないレベルのものでありました。
ちなみに以前長期計画が更新されたときには「新種のアイテム追加を予定」となってました。
ところがどっこい。
新種のNPCが追加されてしまった。こいつはびっくりだ。
こんなんばっかだな!目玉の内容以外が重要っていう!
 ※罵倒修正、闘技復活時間修正(不具合)etc

て。こんなんが追加されたなら調べないわけにはいかない。
久々に即日調査を敢行、記事にする気満々でございます。
今までは溜め込みすぎてわけわからんうちに書きたい内容を忘却しこのザマでございます。
そうならんようにも意欲があるうちにやらないとね!!

いうことでさっそく各地を調査。それにしてもずるい書き方である。
「特定のフィールド」
ダンジョンもフィールドに入るの?
PDは?
合戦とかも?
ひょっとして都市に?

疑念はつきません。
某大規模掲示板では既に調査が進んでおり、
フィールド歩き回ったけどいねえしダンジョンなんじゃねえの?という説が。
これを採用だ!以下考察!

くら過疎だからってこんな一文があったらわくわくてかてかする人はいるだろうし、
ほんとにフィールドならよっぽど辺鄙なとこでもない限りその人たちの調査ですぐ見つかるだろう、
で、まったく見つかってないんだからこれはきっとおそらくダンジョンなのではないだろうか!
追加曲譜も魔境っていうくらいだからたぶんダンジョンだろ!そいつのドロップだろ!
もちろんというかなんというか特に、いやまったく曲譜には興味がありません。
そしてコーエーの傾向からこの手のレアNPCは大体ソロでは倒せない調整だろうと推測し、
「倒す」ことよりも「目撃」することを第一義としてさあやっと場所の選定だがめんどくさいというか
死んで祠飛んだらトレインで設定したまんまのとこでああこいつはいいやここにしよう[石林]だ!!


わっしょい

ですよねー。




わっせろい

・・・。

うも敵さん根性がついて延々おいかけてくるようです。
トレインしほうだいだね!!!



日の戦果
なんということでしょう

04 新五十

情報妄想と考察。長期計画が更新されてました。気になるところを少々つまみつつ前回同様に今後の予定を見てみます。ザ・手抜き。

月アップデート。14日。「大型」がつかないとほんとにたいしたことないんだなと思い知らされる内容。「大型」がついたらついたでこれでつけんのかよと言いたい内容だったりもしますが、やはり大型は大型だったという話だった。もうちょっと基準をでっかくしとこうぜ。

星解決編。5月21日~6月18日。断続イベントもついに解決・完結するようです。蜀編で砂集め頑張ろう→だるいので次回呉編で砂集め頑張る→めんどいので解決編では砂集め頑張ろう という状況。次は無い!はず!頑張れるかどうか乞うご期待。内容そっちのけ。発表されてないしね。

の他、結局合戦は2週間近く間を空けた二極集中構成になるようで。イベント戦なんだからぶっちゃけ制覇週を除いて毎週水曜日は○○の仕様、土曜日は××~、とかでいいと思うのです。間が空くのは準備期間とか言われてましたが無理に出なくていい、自由にやって欲しい、っていう合戦なんだからイベント戦なんでしょうに。文句があるならやらなきゃいい?おおいに御尤もです、と納得した方も多そうで。戻ってきてほしいものです。


下今後の予定まとめ。




2009年04月23日(木)
超大型メンテナンス「伝国の玉璽」 実施
キャンペーン「初月無料!」 開始
  その他色々キャンペーンとか移籍期間が終わったりした
2009年04月25日(土) / 04月26日(日)
イベント戦「三国制覇第三節前哨戦」 開催
  もう四節まで荒野は結構です
2009年04月30日(木)
大型記(忌)念特典「仙輝水」 交換券配布
  GW合戦が終わっても課金続けた人がもらえます
  本来アップデートから数ヵ月後に手に入るはずのシロモノだけに太っ腹すぎて涙が出る
2009年05月02日(土)
三国制覇第三節「伝国の玉璽」 開幕
  三国の威信をかけた水着をめぐる白熱の戦史
  玉璽がどう絡んでるのかというバックボーンは結局よくわからないまま
2009年05月02日(土)~10日(日)
三国制覇第三節序盤戦「5月合戦週間」
  月曜日と木曜日を除き日曜日2連戦でぶっ通し
2009年05月07日(木)
大型記(忌)念特典「仙輝水」 交換券配布終了
大型記(忌)念特典「仙輝水」 交換開始
  大型アップデート最後の砦となるか
2009年05月10日(日)
イベント「Yahoo! JAPAN「三国志特集 Part Ⅱ」タイアップ」 終了
  最近見ない若葉マントがもらえるタイアップ
  さて若葉は枯れたか育ったか養分だけ吸われたか
2009年05月14日(木)
キャンペーン「初月無料!」 終了
  ぶっちゃけ現状のプレイヤーにとって微妙以外の何者でもない
5月一斉不具合修正(アップデート) 実施
  大型ってついてないから仕方ないね
2009年05月21日(木)
連続イベント「十星~解決編~」 開始
  砂を求めるか仕様の穴をひた探るか
2009年05月23日(土)~5月31日(日)
イベント合戦「初心者合戦週間」 開催(6戦)
  前回はLv39装備に匹敵する装備がもらえた
  5月合戦週間より良心的なスケジュールになりそう
2009年06月06日(土)~6月14日(日)
三国制覇第三節序盤戦「6月合戦週間」
  月曜か木曜に日曜の分を回してくださいほんとに
2009年06月18日(木)
連続イベント「十星~解決編~」 終了
  長きに渡りあまたの銭荘を悩ませた宝珠どもに別れを告げる期間
2009年6月
アップデート 実施
  アイテムとか何かがどうにかなったりするらしいが大型とは言っていない
イベント「桃園結義」 開催
  正式開始の2008年2月より公式で告知されていたが
  いつの間にかページごと姿を消したあの伝説のイベントがついに
イベント合戦 開催
  初心者装備配布戦でも兵器戦でもない別のなにからしい
2009年07月04日(土)~12日(日)
三国制覇第三節序盤戦「7月合戦週間」
  やっぱりこれら3週間以外の制覇戦は無さげである
2009年07月
大型アップデート 実施
  きた!大型ついた!これでかつる!!第三節中盤戦の新ルール適用とからしい
季節イベント「花火」 開催
  おそらく16世紀の日本でも行われる
2009年08月以降
三国制覇第三節中盤戦(8月~10月)・終盤戦(11月~09年01月)
  一体どうなることやら




総括
やっぱ長い


続きを読む

03 新よ色

情報妄想と考察。するまでもないかもしれない。既存プレイヤーとしては喜びどころも無い。とりあえず定着や拡張なんかより銭が欲しいということなのだろうか。正直でよろしい。

ろしくないよ。

々と告知されてはいるのだが何がいつまでやられるのかいまいちよくわからない、わかったところで特に何かあるかと言われれば無いのだが。イベントをやっていくのは結構なのだが以前のようにページもできず長期計画も4月分は音沙汰無し。折角なので軽くまとめてみた。ひとまずイベントそのものが使い回しだったり魅力を感じないということはさておく。


2009年03月26日(木)
 大型不具合修正「史略~春嵐~」 実装
 イベント「ワールド対抗! 10万本の矢」 開催
 キャンペーン「新生バトル体感!」 開催
 不具合修正によりそれはもう色々生まれ変わり違うゲームになった人が多発
2009年04月02日(木)
 イベント「“三国制覇”直前 武闘祭」 開催
 便利な便利な消費アイテムを獲得できるかもしれない
2009年04月09日(木)
 イベント「初心者 部曲歓迎会」 開催
 イベント「十星 ~呉・二喬編~」 終了
 シリアル付きレッドクリフ前売り券予約期間 終了
 第2節三国制覇結果リセット 勢力の移籍が可能になる
 ぶっちゃけいつでも水鏡村は歓迎状態
2009年04月18日(土) / 19日(日)
 イベント合戦「初心者演習」 実施
 3 週 間 ぶ り のメインコンテンツ
 あれだけ戦闘が一新(笑)されると戦略なんて実践あるのみだと思うのだが
2009年04月23日(木) 
 アップデート「伝国の玉璽」 実装
 キャンペーン「新生バトル体感!」 終了
 キャンペーン「初月無料!」 開催
 イベント「ワールド対抗! 10万本の矢」 終了
 イベント「“三国制覇”直前 武闘祭」 終了
 イベント「初心者 部曲歓迎会」 終了
 ちゃんとアップデートになってることを祈る
2009年04月25日(土) / 04月26日(日)
 イベント合戦「三国制覇 前哨戦」 実施
 新合戦場荒野での開催 多分きっとおそらく3陣全部荒野
2009年05月02日(土)
 三国制覇第三節「伝国の玉璽」 開幕
 三国制覇第三節「序盤戦」 開始
 5月度合戦週間 開始
 合戦週間は怒涛の毎日合戦 物事にはメリハリが大事です
2009年05月10日(日)
 5月度合戦週間 終了
 イベント「Yahoo! JAPAN「三国志特集 Part Ⅱ」タイアップ」 終了
 若葉マントがもらえるイベント
 5月度の制覇戦はこれで終了になる可能性が非常に高い
2009年05月14日(木)
 キャンペーン「初月無料!」 終了
2009年07月
 三国制覇第三節「序盤戦」 終了
2009年08月
 三国制覇第三節「中盤戦」 開始
 序盤戦に無い新ルールが導入される
2009年10月
 三国制覇第三節「中盤戦」 終了
2009年11月
 三国制覇第三節「終盤戦」 開始
 中盤戦に無い新ルールが導入される
2010年01月
 三国制覇第三節「終盤戦」 終了
未定
 イベント「十星 ~解決編~」
 ふろしき広げるだけ広げたが果たしてどうなるのか




結論
長い

02 新荒伝

情報妄想と考察。4gamer.netにも新情報インタビューがある。

野実装。だだっぴろいフィールドにいくつかの建造物が立ち並ぶ。両軍団は潤沢な初期資材を活用して、荒野のみで建造できる柵や櫓を組み合わせ陣地を造っていく。とのことである。新規実装の「双物見櫓」「高柵」「直角高柵」は組み合わせや砦、城壁などと連携させた活用をすることもできるようだ。さらに攻撃力を増した「重投石車」、触れると索敵効果を発動させる「索敵の罠」も追加され、こちらは全ての合戦場で使える、とある。味方の伏兵も暴かれそうなのだが、これは今だけの笑い話であってほしい。

国の玉璽。第3節のサブタイトル。大きく変貌だの変化だのは最近タコにミミができるほど聞かされている感がありこちらはさておくとして。5月~7月の「序盤戦」・8月~10月の「中盤戦」・11月~翌1月の「終盤戦」に分かれそれぞれ新ルールが追加されていくのは以前の発表にもある通り。色々と物議を醸しているのが合戦の日程であり、「合戦週間」と題して第1土曜日から9日間に「制覇戦」を集中開催する、というもの。今回判明したのは「イベント戦」について。「初心者演習」「大火力戦」とテーマを決め、これまた「期間を集約」するとのこと。さてさて、参加しやすさが魅力だった―ほぼ唯一の―メインコンテンツはどこへ向かうのだろうか。

。イベント合戦「初心者演習」では誰でもレベル40相当の装備をまとうことができるらしい。投石一発、鎧袖一触蹴散らされることはなくなるにしても、蹴散らされる弱さを知るにはよい機会だった合戦。もっともそれは蹴散らされる要因がわかりやすい時の話だが。インタビューによれば低レベルの復活時間も短くなるらしい。地に伏したままでは楽しさも味わえまい。地を足につけ駆けずり回る楽しさ。七転七起とならねばよいが。

奨値。新しい褒奨品を登場させることはやりすぎてもやりすぎとはならないだろうに、タイミングを逸している感は否めない。もっとも今までの条件下では満足に喜べるかどうかは疑わしかった。そこらへんが変わってくれるようである。連勝数・国力参照がどうなるかの報は無いが、褒奨値自体にメスが入るようだ。活躍が多岐にわたり評価され、そこから個人ごとのランキング実装にもつながったようである(インタビュー参照)。鬼が笑う話だが、長安3での打ち上げが疑念なく終わることを切に期待する。

式装備。インタビューより。全てそろえれば何かが発動してどうにかなったりするようである。覚えていますか。闇商人。数えていますか。自分のバフ数。願わくば潜在的な自動発動的なアレやコレであってほしい。ほか、武器や今回投入の防具にもユニークな外見をもつものが―とある。ってことはまた基本的にグラフィック使い回しなんでしょうか。やりこみ要素と位置づけられると宙ぶらりんになる印象。



ンタビュー。

「今までの料理が甘すぎたんですよねー、だから今度は鍋に塩を1袋丸ごとぶちこもうかな?なんて思ってまーすwww これでいい感じになるんではないでしょーかーwwww」

食えない。笑えない。こちらとあちらで完全に食い違うところまで来ているかもしれない。既に厨房から悪臭を感じる。違う味わい方をせねばならないか。客席の様子やテーブルでの声に気を使ってないときたら、あちらは目と耳を閉ざしたのか。よい手ごたえを得たいのはこちらもあちらも同じ。言うまでもなく期待はする。

01 小他今

小さな頃より攻略本の類が好きだった。ゲームが買えないから攻略本で我慢する、というようなことでもなく攻略本読んでりゃ不満もなくおおいに満足するタチであったらしい。かわいそうに。

他人事みたいな書き方だがいまだそれは変わっておらず、今なお攻略本や攻略雑誌などを手にとることはそう少なくない。

今でこそこう聞けば「ネタバレが・・・」だの「楽しみを損なう・・・」だのと構えてしまうかもしれないが、当時の考えでは攻略本もゲームの世界観を構成する要素のひとつとして捉えていた。情報量の少ないゲームが主だった時代、さらにゲームにふれる時間そのものも短い環境ではこれらの書籍は長い時間「ゲームを楽し」ませてくれていた。

だからこそ、好きなゲームについては活字・書籍でも楽しみたい。昨今はwikiや攻略サイトも充実しており、それら有志の努力・はからいを楽しむにしても、攻略に利用するにしても、とかく心地よく便利な環境が早いうちから整えられていく。それはそれでいい。いいのだが、やはりどうしてもそれらでは補えない何かがあったりするのだ。

だからこそだからこそ、三國志onlineの書籍や連載記事が無いことについて深い悲しみに覆われざるを得なかった。

無いならつくればいいじゃない。パンが無いならご飯を食べればいいじゃない。とはいえ一人でさすがに本を作れるかといえばそんなことは無理な話であるわけで、しかもブログというチラシの裏の形式を選択しているからにはある程度テキトーにやっても許されるだろう的な甘えも内包してるわけで、記事を書き続けていけばそのうちまとめて読んだときに、消したい過去として認識するとともによくまあここまでやったもんだと驚嘆感嘆呆気等等様々な声が出てくるだろうと。


「楽しむ」ために飽きないうちはテキトーに続けていけたらいいんじゃねーかみたいに思ってます。


メーカーから情報をもらわなければ書けないような情報なども、書籍にある魅力。一般にマスクデータと呼ばれる画面上に表記されないデータや、世界観の設定、インタビューなどなどあるが、検証で得られる情報なんてのもある。このブログでは、タイトル通り、どうでもいいよそんなことってなことや細かいアラをつつきまわす、そんな小姑みたいなことをやっていきたいなーとか思ったよ。よしこさん(仮名)、ここに残ってるホコリは一体どういうことかしら?

あと長すぎる文を書くと非常にやる気と生気を消耗し寿命が縮まるので今後は自重していく方向でやっていこうと思ったが実はまだ続きがあったりする。追記からやっとまともな三國志onlineの話。前置き長っ。


続きを読む

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。